筑波山登山

こんにちは、しみぺです。
すでに、1ヵ月程前のことになりますが、筑波山登山に行ってきたので、今さらながらアップします。

最近登山にハマっているというわけではありませんが、お正月に家族旅行で伊豆大島に行った際に三原山に登ったのをきっかけに家から一番近い百名山である筑波山にも登ってみたくなりました。
そこで、ままもりスタッフでもあるご近所のかよっぺさんに、「暖かくなったら筑波山に登りに行きませんか?」とメールしたところ「日曜日空いています」と返答が返ってきてしまいました。
ゴールデンウィーク明けくらいが暖かくて良いかななんて思っていたので予想外の返事に焦りましたが(笑)、幸いうちも予定がなかったため日曜日に筑波山登山隊を結成することにしました。

4月8日(日)朝7時半にかよっぺ家前に集合です。
するとかよっぺさん、ロングタイツ履いてちゃんとした登山の格好して出てきたのでビビりました。
「え?筑波山って、標高からして高尾山みたいなハイキングコースなんじゃないの?」
そんな風に思っていた私はジーンズにスニーカーという軽い恰好をしてきました。

本日の登山隊は、
しみぺ家からは、私、妻、保育園年長の長男、1歳10カ月の長女です。
かよっぺ家からは、かよっぺバーバ、かよっぺさん、3年生の長男君、2年生の次男君、保育園年長の3男君です。
かよっぺパパと4男君はお留守番です。

守谷から下道で約1時間ちょっとで筑波山神社まで到着しました。

筑波山登山コースはいくつかあるようですが、今回は筑波山に登り慣れているかよっぺさんにお任せしました。
本日の登山コースは、ケーブルカーに沿って登る御幸ヶ原コースです。
後から聞いた話では、御幸ヶ原コースは距離は短いのですが、傾斜が急な、筑波山登山コースの中では難易度の高いコースだったようです。
今回選択しなかった白雲橋コースは、奇岩を巡ることができるようです。
白雲橋コースは距離は長いのですが、傾斜は御幸ヶ原コースよりも緩やかなようなので、筑波山初心者には白雲橋コースの方が良いのかもしれません。
tsukubamap.jpg

ケーブルカー宮脇駅の脇から登山道が始まります。
緑深い森の中を歩きます。
筑波山1

始めのうちは、小さい石と木の根っこがグネグネした路面です。
筑波山2

木漏れ日が気持ち良いです。
筑波山3

しかし、登山を開始ししてすぐに写真のようなガレ場になります。
11kgの長女を背負っていきなりハードです(^^;
御幸ヶ原コースはこの状態が標準です。
筑波山4

筑波山5

でも、深い緑の木々に囲まれて、とても美味しい空気です。
筑波山6

筑波山7

ひーひー言いながら急斜面を登ること約1時間、ほぼ中間地点でケーブルカーの軌道に出会います。
御幸ヶ原コースはケーブルカーの軌道に沿って登ってくるので、この傾斜を登ってきたことになります。
筑波山8

中間地点なので、ここで登りと下りのケーブルカーがすれ違います。
筑波山9

さて、涼しい顔をした観光客を乗せたケーブルカーは行ってしまったので、我々は自分の足で先に進みます。
筑波山10

ケーブルカーの軌道から別れた後は、いよいよハードな道が始まります。
写真の場所は、一人ずつしか通れないため、登りと下りが鉢合わせになったらどちらかが待っている必要があります。
背中に娘を背負った私はコケるわけにはいかないので、手も使って這い上がります。
筑波山11

途中には千手観音のようなこんな杉の木もあります。
筑波山12

ケーブルカーの終点がある御幸ヶ原まで2/3のところまで来ました。
筑波山13

段々写真を撮る余裕もなくなってきましたが(^^;、最後の方には急斜面の木の階段が待ち構えています。

登山開始時には寒くてウィンドブレーカーを着込んだものの、約2時間かけて御幸ヶ原に到着した頃には長袖Tシャツ1枚になり、汗びっしょりでした。
無事、しんがりを勤め上げて(というより皆さんについていけませんでした(^^;)到着した御幸ヶ原には、絶景が広がっていました。
筑波山14

筑波山15

筑波山16

御幸ヶ原は山頂ではなく、筑波山は男体山と女体山の2つの山が連なっている間にあります。
御幸ヶ原で一息入れた後、標高の高い女体山に向かいました。

途中の祠。
筑波山17

御幸ヶ原から女体山に向かう途中にガマ石があります。
ガマの口に小石を投げ入れて、入ると願いがかなう?と言われているようです。
何投かしましたが、入らなかったばかりか、入っていた小石を何個か弾き飛ばしてしまいました(^^;
筑波山18

女体山山頂にある祠。
筑波山19

筑波山女体山山頂、最高地点からの眺め。
筑波山20

筑波山女体山山頂。
筑波山21

筑波山22

女体山山頂は、岩がむき出しで柵がなくワイルドな景観ですが、娘を背負って動きが制限されているので、岩の先まで行くのは控えました。

女体山登頂後は再び御幸ヶ原へ戻り、お弁当をいただきました。
別ルートから下山するという選択もありますが、この日は登ってきた御幸ヶ原コースを下山しました。
筑波山23

筑波山神社付近は桜が満開でした。
筑波山24

筑波山25

筑波山神社では、東筑波ユートピアから、お猿さんが出張してきていたようです。
筑波山26


筑波山登山後は、我が家の定番、やさと温泉 ゆりの郷で疲れを癒します。
この温泉は、のんびりとした田舎の風景と、地元JAの食事がおすすめです。
ちなみに、やさと温泉 ゆりの郷は2012年5月7日(月)~2012年7月31日(火)まで館内リニューアルのため休館となるようなのでご注意ください。

温泉の後は守谷に戻ってきてから、かよっぺパパと4男君と合流し、スシローで夕食をたべました。

筑波山に登ってみて分かったことは、高尾山のハイキングコースとは違うということです。
登山用の格好とまではいかなくても、スニーカー、動き易い服装、防寒着、汗拭きタオル、着替えはあった方がいいと思いました。
次回は別の登山ルートに挑戦しようと思います。

[しみぺ]


IMG_1752.png
ブログネーム:しみぺ
趣味はジムカーナ(モータースポーツ)、マラソン、スキー、カメ​ラ(←下手の横好き)と基本的にはアウトドアマンです。
会社の通勤圏内で自然が多く残っている場所に住みたいと思い、縁​もゆかりもない守谷に引っ越してきて5年になりました。
少しづつ地域と交流を持つようになってきました。
会社内で唯一育児休暇をとった男性社員です。
家族は、妻と息子5歳、娘1歳、黒猫♂、白猫♀、トイプードル♀​です。
関連記事
スポンサーサイト
ままもりWebsite
ブログ内検索
タグクラウド

プロフィール

ままもりスタッフ

Author:ままもりスタッフ
もりや子育てネットワークままもりのスタッフ(とオブザーバ)によるゆるーいブログ。茨城県守谷市中心の子育て家庭ネタです。ままもりは守谷市と近隣エリアで活動する子育て中のパパ&ママ達のボランティア団体です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
管理画面