筑西市のあけの元気館で温水プールと温泉

こんにちは、しみぺです。

今年は、ゴールデンウィーク明けから8月上旬まで、我が家の好きなやさと温泉ゆりの郷(2012/8/27現在HP工事中のようです)がリニューアル工事をしていて入ることができなかったので、この周辺に良い温泉はないかiPhoneアプリを使って調べました。

すると、筑西市にあけの元気館という施設があるのを知りました。
この施設は、温水プールやトレーニングルームも併設されているということで、プールの道具を持って出かけました。

守谷からだと、R294が混んでいなければ45分前後で行くことができます。

入口をはいって下足入れに靴を入れます。
そこから受付カウンターまでの間にロビーや売店などがありますが、ここまでは無料で利用できるようです。
暑い日などはロビーでお茶しながらテレビを見るなんてことができそうです。
あけの元気館1

受付カウンターで下足入れのカギを渡し料金を支払います。
料金は、
大人(中学生以上):700円
高齢者(満65歳以上):600円
小人(満3歳以上):300円
身体等不自由な方(大人):300円
身体等不自由な方(小人):無料
幼児(満3歳未満):無料
ですが、いばらきKids Clubカードを提示すると、
大人(中学生以上):600円
小人(満3歳以上):250円
で利用できます。
この料金内には、温水プールやトレーニングルームの利用料も含まれています。

我が守谷市にも、常総広域地域交流センター「いこいの郷 常総」という入浴施設がありますが、こちらは大人500円、小人無料という料金になっています。
フィットネスジムを利用する場合は600円支払えばジムの利用と入浴ができるそうですが、いこいの郷は温水プールはなく、お湯は温泉ではなく普通のお湯となっています。
そういうことを考えると、往復の時間がとれるのであればあけの元気館の方が私としてはおすすめです。

まずは温水プールを楽しみました。
20mと少し小さめのプールと幼児用プールの2種類のプールがあります。
プールの水は温泉を使用しており、温水プールとなっています。

プールの他には、天然温泉を利用したバーデプールがあります。
水着着用のまま入るのですが、プールで疲れたらそのまま温まることができます。
プールの温水よりも温かくてほとんど入浴施設の温泉に近い温度になっています。

他には、ミストサウナもあります。
こちらは利用していないのでどのようなものかは分かりません。

プールを利用していると、隣にあるトレーニングルームのランニングマシンで汗をかいている方達が見えます。
トレーニングルームには他にも色々なトレーニングマシンがあるようです。
こちらも利用したことがないので中は不明です。

温泉はと言うと、広々とした内風呂にこれまた広々とした露天風呂とサウナというシンプルな構成になっています。
露天風呂は3方を高い塀に囲まれた中庭付きの露天風呂になっていて、景色を楽しむという感じではありませんでした。
露天風呂の中庭は洋風露天、和風露天になっているようで、週替わりで入れ替えになるそうです。

他には、リラックスルーム、畳の大広間、食事ができるラウンジ、マッサージルーム等一通りの日帰り温泉施設の設備は整っていました。

外には、ちょっとした遊具もありました。
あけの元気館2

これだけ楽しめて、この値段はかなりおすすめな施設だと思いました。
特に、雨の日の休日、どこに行こうかな~なんて時には、温水プールを楽しんだ後に温泉に浸かることができるあけの元気館は貴重な遊びスポットだと思いました。

[しみぺ]


IMG_1752.png
ブログネーム:しみぺ
趣味はジムカーナ(モータースポーツ)、マラソン、スキー、カメ​ラ(←下手の横好き)と基本的にはアウトドアマンです。
最近はキャンプにもハマりつつあります。
会社の通勤圏内で自然が多く残っている場所に住みたいと思い、縁​もゆかりもない守谷に引っ越してきて5年になりました。
少しづつ地域と交流を持つようになってきました。
会社内で唯一育児休暇をとった男性社員です。
家族は、妻と息子6歳、娘2歳、黒猫♂、白猫♀、トイプードル♀​です。
関連記事
スポンサーサイト
ままもりWebsite
ブログ内検索
タグクラウド

プロフィール

ままもりスタッフ

Author:ままもりスタッフ
もりや子育てネットワークままもりのスタッフ(とオブザーバ)によるゆるーいブログ。茨城県守谷市中心の子育て家庭ネタです。ままもりは守谷市と近隣エリアで活動する子育て中のパパ&ママ達のボランティア団体です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
管理画面