知る人ぞ知る茨城県のニューキャンプ場「とんぼヴィレッジ」でファミキャン




こんにちは、しみぺです。

2017年3月19日~3月20日

自宅から下道で1時間ちょっとで行ける場所にある、とんぼヴィレッジに行きました。
知る人ぞ知る、というか、まだほとんど知られていないキャンプ場だと思います。

このキャンプ場は、筑波山の近くの石岡市に2016年8月にひっそりとオープンした、こじんまりとしたキャンプ場です。
私がなぜこのキャンプ場を見つけることができたかと言うと、2016年は我が家にとって大きな節目の年で、多忙により年間2回しかキャンプに行くことができませんでした。
そのため、私は会社の昼休みに、キャンプに行く妄想にふけりながら、悶々とgoogleマップを眺めていたのです。
自宅付近から、徐々に範囲を広げて・・・すると、筑波山の近く、あるはずのない場所にキャンプ場のマークがあるではないですか。
気になってカーソルを合わせてみて発見したのが、この「とんぼヴィレッジ」でした。

オーナーさん(とんぼヴィレッジなので村長さん)がキャンプ好きで、手作りで一から作られたキャンプ場です。

この日は、10時~13時までキラリ★発達障がいの子どもが輝ける遊び場づくり【第七回】手作りパーティー「おいしくできるかな?」を行っていたので、イベント終了後13時に出発しました。
下道で1時間ちょっと、14時過ぎに到着しました。
最後だけちょっと道に迷いましたが、この看板が道から見えて無事到着することができました。



到着すると村長さん(奥さん)が出迎えてくれました。
副村長(旦那さん)さんと娘ちゃんも出てきました。

サイトは、入口から一番近い車が横付けできるサイトを利用しました。
この日は貸し切りでした。









サイトに案内してもらい、設営の準備に取り掛かろうとしたところ、村長の娘ちゃんが気になって仕方ないうちの娘は、そわそわしながら「パパ一緒にきて」と言ってきました。
村長の娘ちゃんも、我が家から一定の距離を保ちながらサイトの周りをうろうろ…
息子に「連れて行ってあげて」とお願いすると、村長の娘ちゃんvs息子&娘の構図となり一定の距離をあけて硬直状態に(^^;
でも、娘とは1歳違いの村長の娘ちゃんとはすぐに仲良しになり、3人で遊んでいました。

村長の娘ちゃんも、うちの娘も、お互い一緒に遊びたくて気になりながらも恥ずかしくてなかなか声を掛けられなかったようです(笑)

設営している間、村長さんご家族が子供達と遊んでくれました。
村長さんが子供達を連れてハイキングコースへ行ったので、設営後私も後を追いました。
ハイキングコースは、杉林、松林、竹林があり、大きな松ぼっくりがたくさん落ちていました。



キャンプ場の周りは、残念ながらメガソーラー施設に囲まれてしまっていました。
でも、サイトからは視界に入らなかったので、気になりませんでした。
むしろ、メガソーラーのおかげで視界がひらけて、里山の風景が楽しめるようになったそうです。

結局、ハイキングコースの出口で迷いかけ、村長さん達には追いつけませんでした(^_^;)

サイトに戻ってきたら、ママさんは寝てました(笑)
村長さん達はダッヂオーブンを火にかけていたので、我が家も焚き火をつけ夕食の準備を始めました。
この間、子供達はずっと村長さんご家族と遊んでいました。
ほんと、ありがとうございます。

夕食の準備をしていたら、副村長さんが鶏肉の差し入れを持ってきてくれました。
これが、ものすごく美味しかったです。
ローズマリーが添えてあったのですが、ローズマリーって美味しいのですね。
うちの庭に鬱蒼と茂っているローズマリーは料理に使えそうです。

我が家の夕食は、味噌煮込みうどんです。
寒い日の鍋料理は暖まります。
娘は、村長の娘ちゃんの家に泊まるー!と駄々っ子になっていました(笑)







20時半ごろから順に、娘が離脱し、ママさんが離脱したので、私と息子は焚き火が消えるのを見届けて21時半ごろシュラフに潜り込みました。
寒がりのママさんはいちばん厚手のシュラフへ。
私は娘を人間湯たんぽにして寝ました。

夜中、寒くて目を覚ますと、途中暑かったのか娘はシュラフから抜け出して寝ており、新調して使用3回目の電気毛布は断線してしまったのか、冷たいままでした。
同じく寒くて目が覚めたママさんには、もう一枚の電気毛布を渡し、私は娘を引き戻して寝ました。
息子はエアーマットから転げ落ちて、テントに直に寝ていましたが、熟睡しているのでほっておきました(笑)

日頃の疲れと夜間の寒さで、翌朝は9時まで寝ていました。
チェックイン、チェックアウトの時間は決まっていますが、予約が入っていなければ申し込み時に融通を利かせてくれます。

朝ごはんは、いつも通りコーヒーとパンとヨーグルトとプリン。それに昨晩の残りの煮込みうどんを食べました。

娘は、朝食も食べずに、村長の娘ちゃんと遊んでいました。

副村長さんからは、焼き芋をご馳走になりました。
これが、ホクホクだけどジューシーでスウィートポテトのようで美味しかったです。
我が家はおすそ分け出来るようなものを持ってこなかったので、頂いてばかりで恐縮でした(^_^;)
(息子からは、「煮込みうどんの残りを差し上げろ」と言われましたが、そんなことできるかーい!)

娘は、「キャンプをする時はずっとここにしようね」というくらい、村長の娘ちゃんと仲良しになっていました。
今度来る時は、みんなで遊べる物でも持ってきます^_^

我々が、12時のチェックアウトに向けて撤収作業をしている間、娘達は昨夜から続けている「いろいろどうぶつえん」の製作を頑張っていました。

12時の撤収作業後、開園したいろいろどうぶつえんに行きました。







少々長居をしてしまい、14時頃にとんぼヴィレッジを出発しました。
村長さんご家族、お世話になりました。

キャンプ場を出た後は、やさと温泉ゆりの郷に寄り、温泉と料理を堪能しました。
娘と一緒に入る温泉はこれが最後です。

17時にゆりの郷を出て、18過ぎに帰宅しました、

最後にとんぼヴィレッジの施設紹介です。
一泊5000円(電源利用でも同額)
ペット1000円ですが、冬季サービスでペット代もサービスしていただきました。(今回はワンコは留守番させましたが)

キャンプ場入口。



管理棟。



シンボルツリーの山桜。



サイトは現在は5サイトあって、車が横付けできるのは2サイトだそうです。



電源設備はサイトにありませんが、希望を出せばサイトまでコードを引いてくれます。

最上段サイトからの眺め。



別角度から。



下の方に芝生サイトを拡張していました。
キャンプシーズンインに合わせて、現在絶賛拡張中のようです。



トイレは温便座付水洗トイレできれいでした。
靴を脱いで利用してください。



トイレと炊事場。



お風呂。



外のドラム缶に薪をくべお湯を沸かし…



パイプでお風呂の中に引きこみお湯を張るようです。



温水シャワーもちゃんとあります。





薪をサービスでいただきました。(ありがとうございます(^^))



炊事場は、この日は村長の娘ちゃんとうちの娘の工作室となっていました(笑)



ハンモックは子供たちに大人気でした。



サイトの下からはちょっとしたハイキングコースが伸びていました。





途中には大きな山桜の木がありました。



松林があり、大人のこぶしよりも大きくてとげとげが立派な松ぼっくりがいっぱい落ちていました。



竹林もあり、タケノコが出てきそうでした。
夏になると近くの田んぼに蛍がいるそうです。

守谷から近く、アットホームな「とんぼヴィレッジ」にはまた行きたいと思います。




IMG_1752.png
ブログネーム:しみぺ
趣味はジムカーナ(モータースポーツ)、キャンプ、スキー、カメラ、マラソンと基本的にはアウトドアマンです。
最近は通勤用にクロスバイクを物色中です。
伊豆大島の大自然に魅せられてからは島旅にハマっています。
式根島で泳いでから、シュノーケリングにもハマっています。
会社の通勤圏内で自然が多く残っている場所に住みたいと思い、縁もゆかりもない守谷に引っ越してきて10年位経ちました。
会社内で唯一育児休暇をとった男性社員です。
趣味と勉強を兼ねて、保育士の資格をとりました。(正式には国家戦略特別区域限定保育士→3年後には通常の保育士)
ICTと保育士の資格を生かした仕事を模索中です。
今回の記事をもって、私のままもりの活動及びブログの投稿は最後としたいと思います。
どこかでお会いする時までみなさんさようなら。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ままもりWebsite
ブログ内検索
タグクラウド

プロフィール

ままもりスタッフ

Author:ままもりスタッフ
もりや子育てネットワークままもりのスタッフ(とオブザーバ)によるゆるーいブログ。茨城県守谷市中心の子育て家庭ネタです。ままもりは守谷市と近隣エリアで活動する子育て中のパパ&ママ達のボランティア団体です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
管理画面