キラリ★発達障がいの子どもが輝ける遊び場づくり【第三回】高木慶子先生講演「発達障がい児の子育て。行き詰まりを喜びへ」開催レポート

今日はご参加いただきまして、ありがとうございました。
image3_201609200045325d5.jpg

image1_2016092000453143f.jpg

高木先生のご講演では、「子どもは私たちの理解をはるかに超えた方から託された存在であり、その子を育む力がわたしたちにそなえられている。だから、自信を持って子どもと向き合いなさい」というメッセージをいただきました。
個人的には、障がいを受け入れることや病名を受け入れることはさておき、何も求めず、ありのままのその子を愛する、それが子どもの育つ力になるのよ、と言っていただいた気がしています。
その後、お茶とお菓子を囲みながら、先生のメッセージは理解しつつも目下の困りごとは子どもと学校、子どもと教師、子どもとクラスメート、子どもと地域などなど、切実な行き詰まりを話す場を持つことができました。
確かに話したからといって、すぐに何か改善されるわけではありませんが、社会的に生きづらさを抱える子どもの親という、共通項ゆえに話せること、頷けることがあると思います。
今回は初めての座学で手探りの点も多く、至らぬ点を申し訳ないと反省しつつ、このような機会も回を重ねることで、それぞれの方に合った活用法が発見できたり、気づきが増えたりと嬉しい効果が期待できるかもしれません。
ささやかな活動ではありますが、少しづつ知り合い、頻繁に会えなくてもお互いのことが心配出来たり、応援出来たり、という仲間を感じられる活動を継続できたらと思います。

次回12/11は北島先生にご講演いただきます。
先生ご自身もご家族に発達障がい者を抱え、看護師資格を持つ小学校教諭として、通常学級にいながらクラスに馴染めず生きづらさを抱える発達障がい児に向き合ってきた、というキャリアの持ち主です。
今抱えているリアルな困りごとを先生にぶつけて見てください。



IMG_1752.png
ブログネーム:しみぺ
趣味はジムカーナ(モータースポーツ)、マラソン、スキー、カメラと基本的にはアウトドアマンです。
最近はキャンプにもハマりつつあります。
伊豆大島の大自然に魅せられてからは島旅にハマっています。
式根島で泳いでから、シュノーケリングにもハマっています。
会社の通勤圏内で自然が多く残っている場所に住みたいと思い、縁もゆかりもない守谷に引っ越してきて7年になりました。
会社内で唯一育児休暇をとった男性社員です。
趣味と勉強を兼ねて、保育士の資格をとりました。(正式には国家戦略特別区域限定保育士→3年後には通常の保育士)
ICTと保育士の資格を生かした仕事を模索中です。
関連記事
スポンサーサイト
ままもりWebsite
ブログ内検索
タグクラウド

プロフィール

ままもりスタッフ

Author:ままもりスタッフ
もりや子育てネットワークままもりのスタッフ(とオブザーバ)によるゆるーいブログ。茨城県守谷市中心の子育て家庭ネタです。ままもりは守谷市と近隣エリアで活動する子育て中のパパ&ママ達のボランティア団体です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
管理画面