木のおもちゃ広場開催レポ①

ままもりスタッフ【いまっち】です

レポートが大変遅くなりましたが、今年も5月6日(金)から8日(日)の3日間、イオンタウン守谷において木のおもちゃ広場を開催することができました。
沢山の方々の協力のもと、のべ2000人の来場者の皆さんに楽しんでいただき、無事に3日間を終えることができました。

3回目となる今回、初日には東京おもちゃ美術館館長の多田千尋氏の講演会が開催され、守谷市長もご挨拶に来て下さりました。
DSC_0378.jpg

DSC_0322_20160606151020bee.jpg


奥のコーナーでは、カプラを使ったナイアガラやかまくらが大人気でした。
この一見、ただのシンプルな木の板ですが、これは魔法の板なんです。
歪みが少なく、ぴたっと吸い付くように重なるから、精巧な大作が作れます。
スタッフと子供たちが一生懸命積み上げていきます。
DSC_0453.jpg
子供達の背丈よりも高く積み上げられたナイアガラ。
下の一つを引き抜くと、カラカラカラカラ・・・・。音を立てて崩れていきます。大成功です!!
P5070101.jpg
P5070107.jpg
P5070110.jpg
P5070117.jpg


お次はかまくら。
中に子供が入れます。万が一崩れても、軽い木の板なので、そんなに痛くありません。
子供達がスタッフと共に一生懸命作ってくれて、中に入るときも、大事に大切にしながら出入りしてくれたので、かなり長い時間原型を保っていましたよ。
DSC_0427_2016060615092208a.jpg

おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に来ている小さい子供もいましたね。
お手玉、けん玉、独楽回し。
おじいちゃん、おばあちゃんが子供のころ楽しんだ遊びは、今でも新鮮で子供たちを夢中にしてくれます。
DSC_0456.jpg

小学生以上はお子さんのみでも入場できましたので、少し大きなお友達は、スタッフと一緒にゲームのやり方を教えてもらって対戦です。2~4人で対戦するチーズ取りゲームですが、ずんずん進むもよし、相手を妨害するもよし、幼稚園生から楽しめますが、小学生からは頭脳戦、見ていて面白かったです。
DSC_0399_20160606150921f08.jpg

こちらは、自分で作るビー玉迷路。何度でも作り直せます。
DSC_0400.jpg

木のおもちゃは、小学生にはつまらない?いいえ、そんなことありません!
シンプルだからこそ、奥深く、大きくなり手先が器用になって集中力があるからこそ、大作も出来るのです(^-^)/
DSC_0434.jpg

この場所で、三年間続けてこられて、たくさんの親子に木のおもちゃに触れてもらうことができること、本当にありがたく思います。
来年もまた開催できるといいですね♪
007.jpg


2Fワークショップは木のおもちゃ広場開催レポ②にて(^∇^)ノ
関連記事
スポンサーサイト
ままもりWebsite
ブログ内検索
タグクラウド

プロフィール

ままもりスタッフ

Author:ままもりスタッフ
もりや子育てネットワークままもりのスタッフ(とオブザーバ)によるゆるーいブログ。茨城県守谷市中心の子育て家庭ネタです。ままもりは守谷市と近隣エリアで活動する子育て中のパパ&ママ達のボランティア団体です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
管理画面