スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立大卒イクメンパパ、働きながら保育士試験を合格!(実技試験編)

こんにちは、しみぺです。

晴れて筆記試験に合格したので、今回は実技試験について書きます。

実技試験対策に向けて、下記の書籍を購入しました。
IMG_9429.jpg


実技試験は、下記3分野の中から2つ選択します。
①音楽表現に関する技術
②造形表現に関する技術
③言語表現に関する技術

2015年の課題は以下の通りです。(②造形表現に関する技術に関しては当日発表)
①音楽表現に関する技術
 課題曲
 1. 『海』 (作詞 林 柳波 ・ 作曲 井上 武士)
 2. 『ちびっか・ぶーん』 (作詞 井出 隆夫 ・作曲 福田 和禾子)

 ピアノ、ギター、アコーディオンのいずれかで演奏すること。(楽譜の持ち込み可)
 ピアノの伴奏には市販の楽譜を用いるか、添付楽譜のコードネームを参照して編曲したものを用いる。
 ギター、アコーディオンで伴奏する場合には、添付楽譜のコードネームを尊重して演奏すること。
 いずれの楽器とも、前奏・後奏を付けてもよい。歌詞は1番のみとする。移調してもよい。

②造形表現に関する技術
 保育の一場面を絵画で表現する。
 求められる力:保育士として必要な造形表現(情景及び人物等を豊かにイメージした描写や色使いなど)ができること。

 表現に関する問題文と条件を試験の当日に提示します。
 当日示される問題文で設定された一場面を、条件を満たして表現しなさい。

 2015年の課題
 4歳児クラスの子どもたちが「にらめっこ」をして遊んでいる様子を、次の4つの条件をすべて満たして、解答用紙の枠内に絵画で表現しなさい。

 条件:
 1.二人の子どもが「にらめっこ」をしている様子と、まわりの子どもたちおよび保育士を描くこと。
 2.保育室内の様子がわかるように表現すること。
 3.子ども4名以上、保育士1名以上を表現すること。
 4.色鉛筆で色をつけること。

③言語表現に関する技術
 3 歳児クラスの子どもに「3分間のお話」をすることを想定し、下記の1~4のお話のうち一つを選択し、
 子どもが集中して聴けるようなお話を行う。
 求められる力:保育士として必要な基本的な声の出し方、表現上の技術、幼児に対する話し方ができること。

 課題
 1.「 うさぎとかめ」
 2.「 おむすびころりん」
 3.「 3びきのこぶた」
 4.「 にんじん、ごぼう、だいこん」

 子どもは20人程度が自分の前にいることを想定する。
 お話の編集、展開に関して特にきまりはありませんが、3分になるようにまとめてください。



採点方法は公開されておらず、各分野とも50点満点中30点で合格となります。

この中から、私は
②造形表現に関する技術
③言語表現に関する技術

を選択したので、それについて書いていきたいと思います。
(①音楽表現に関する技術については受験をしていないので分かりません。ごめんなさい。)

実技試験の合格率は約95%と、筆記試験と比較すると非常に高い数値になっています。
落とすための試験ではないようですが、100%ではないので油断して何も対策をしていないと落ちる可能性があるので注意が必要です。

まずは、
③言語表現に関する技術
から。

私が実際に行った練習方法です。
◆練習方法
①課題の中からお話を決める。
 私は「3匹のこぶた」を選択しました。
 なぜ「3匹のこぶた」にしたかというと、普段よく娘を寝かしつけるときに3匹のこぶたを読んでいるので、話の流れが完全に頭の中に入っているからです。
 もし、本番の時に途中で暗記していた言葉を忘れてしまっても、話の流れが頭の中に入っていればアドリブで乗り越えられるかなと思ったからです。
②お話を3分間に編集する。
 3分間で話し終わるように、お話を編集してまとめなければなりません。
 3分間って、長いようで実際にお話を始めるとあっという間に終わってしまいます。
 実技試験対策の講座などに通うと、お話の編集のコツなども教えてくれるようですが、独学の私はネットで情報を収集しました。
 Youtubeで、「保育士 実技 言語」と検索すると、実際に保育士試験を受けた方が3分間の素話をアップされています。
 3匹のこぶたもアップされていて、3分間で話し終わるように編集されているので、その中のひつとを参考にし、自分なりにアレンジを加えてまとめました。
③編集したお話をiPhoneのボイスメモに録音する。
 編集した内容を実際に声を出して読み、それをiPhoneのボイスメモに録音しました。
④iPhoneのボイスメモに録音したお話を、通勤電車内で繰り返し聞いて暗記する。
 3分間という限られた時間の中でお話をする場合、途中でつっかえてしまうとすぐに時間オーバーになってしまいます。
 時間オーバー、もしくは時間が余ってしまってもそれがすぐに不合格とはならないので、必ずしも時間ピッタリにならなければいけないというわけではありませんが、できることなら時間を合わせたいところです。
 だって、時間オーバー、時間余りになってしまったら、精神衛生上良くありませんからね。(合格発表までドキドキしなければならないので)
 ですから、自分で編集したお話は確実に暗記しておきます。
⑤暗記した内容を声を出してお話しする。
 私の場合、声を出して練習する機会として、夜、浴室に洗濯物を干すときに行いました。
 浴室ならば締め切ってしまえば大きな声を出しても周りに迷惑にならないし、響くので自分の声が良く聞こえます。
⑥実際に声に出してお話をした際に、つっかえそうな箇所、言いにくい個所があれば必要に応じてアレンジする。
 参考にしたお話に普段自分が使わない言い回しがあったため、実際に声に出すと言いにくかったので自分の言い回しに置き換えました。
⑦抑揚をつけたり、登場人物の声色を変えたりプラス加算される練習をする。
 ⑥まで自信を持ってできるようになれば、恐らく合格点が取れると思います。
 後は余裕があればプラス加算をねらいましょう。


ポイント
なるべくゆっくりと話す。
抑揚をつけて3歳児を飽きさせないようにする。
試験当日お話をするときは、試験監督の顔ではなく、20人の子供達(イスなどが置いてある)を見て、笑顔でお話をする。
大げさなジェスチャーは不要。
可能であれば、登場人物(3匹のこぶたとオオカミ)ごとに声色を変える。
オオカミ等の悪者役の声は怖くなりすぎないように注意する(3歳児が泣いてしまいます(笑))


つづいて、
②造形表現に関する技術
について。

◆練習方法
すみません、造形に関しては、これと言った練習方法が確立できませんでした。
というのも、本番形式で課題を決めて最後まで描き上げたのは2回(下記写真参照)だけという、完全に準備不足のまま本番を迎えてしまったからです。
私が造形の練習に当てた時間は、早目に出社した日の朝の時間と、子供の勉強を見ながらその合間の時間しか練習に当てられなかったため、練習時間を取ることができませんでした。
その中でも、練習のポイントとなる点は見つけられたので記載しておきます。

ポイント(なるべく時間をかけずに描くことをポイントとしています)
人物は、色々な動きのパターンで書く練習を多くしておく。(一番人物の描画が苦手でした。)
IMG_9431.jpg
あらかじめ、自分なりに色を決めておく。
肌の色、髪の毛の色など、色々試してみてしっくりくる色を見つけました。
IMG_8548.jpg
例えば、女の子の服装はピンク系や赤系、男の子の服装は青系や緑系、先生の服装は黄色系、肌の色は橙色等、当日色で迷わないように基本の色は決めてしまいます。
当然、洋服は無地の単色です(笑)
下書きは橙色か薄橙にしておき、下書きの線はそのまま使います。
シチュエーションは、室内、公園・園庭に2分されます。(たまに動物園などが指定されますが)
そのため、室内にあるもの、公園にある遊具など、書くものをあらかじめ決めておく。
私の場合、
●室内の場合
・床と壁(壁には窓はつけない)
・壁掛け時計
・鞄掛け+保育園バッグ
・子供たちの絵(4枚)
IMG_9658.jpg
●公園の場合
・ブランコ
・花壇と生垣
IMG_9430_1.jpg
といった具合に、あらかじめ背景や小物を決めて、それらを描く練習をしました。
それ以外の指定があった場合はあきらめてその時に頑張ることにしました(笑)

当日試験を受ける際のポイント
基本的に余計なものを机の上に出してはいけない。
会場によっては色鉛筆のケースも不可となっていました。
私の会場では縦置き型のペンケースを持ってきている受験生が多かったのですが、最初ペンケースは机の上に出さないで下さいとアナウンスされました。
しかしその後、試験監督が一人ひとりのペンケースを確認し、問題ないことを確認してペンケースの使用が許可されていました。
私は、無地のハンドタオルを広げておいて、その上に色鉛筆を置きました。
そうすれば転がらず、色鉛筆を広げておいておけるので、色の選択もしやすいからです。
ペンケースの使用や、ハンドタオルの使用は、会場によって使用可否が異なるので、心配な場合は当日試験監督に確認しておいた方が良いと思います。
なお、斜め前の受験生は裸のままの色鉛筆を机の上に広げていたのですが、色鉛筆がコロコロ転がって全部床に落としてしまっていて大変な状態になっていました。

私が使用した色鉛筆は、娘のお絵かき用に買ってあった
・三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色
です。
試験で使用できるのは、24色までとなっているので、この中から、あらかじめ使う色を決めて24本だけ持って行きました。



最後に、私が実際に実技試験を受けた感想を書きます。

③言語表現に関する技術
緊張はしましたが、割と楽しくにこにこと、途中つっかえることなく、時間もほぼピッタリ(話し終わってから試験監督の「終わり」の掛け声まで2、3秒)に終えることができました。
言語表現の試験は、当日の最後の試験となっており、さらに私は終わりから2番目の順番だったため、数百人いた受験生は順次帰宅し、私と最後の受験生2人だけになってしまったのは今になってはいい思い出です。

②造形表現に関する技術
私は、人物の描画が苦手です。
背景や小物などは適当に描けばなんとかなりますが、人物を描くのに時間がかかってしまいます。
当日指定された内容を確認すると、子ども4名以上、保育士1名以上・・・多い・・・(--;)
いきなり焦りました。
実技試験の対策をしてきた結果、自分なりに45分の時間配分の目安として
人物の下書き:15分
人物の仕上げ:10分
背景・小物:10分
着色:10分
こんな感じで考えていました。
ところが、当日発表された課題は描かなければならない人物が多かったため、人物の下書きで25分、人物の仕上げが終わるまでに30分近く使ってしまいました。
そのあとは焦ってしまい、もうほとんどなぶり描き状態でした。
影を付けるとか、きれいに色を塗るとかそんな事をしている余裕は全くなく、時間ぎりぎりまで背景の着色をしていて、結局室内の壁に関しては色つけできませんでした・・・
造形表現に関する技術の試験では、多少絵が下手でも指定された条件をクリアしていれば合格点がもらえるという話を聞いたことがありましたが、壁の色塗りができなかったということは、
 条件:
 4.色鉛筆で色をつけること。
この指定をクリアできなかったということになるのではないか・・・?
白い壁、ということで許してくれないか・・・?
などと思いながら結果が送付されてくるまでずーーーとドキドキしていました・・・(--;)


そして2016年1月。
結果が送られてきました。
言語表現に関する技術:40点!!
造形表現に関する技術:31点(ぎりぎり!!!)
合格しました!!!!

言語表現に関する技術に関しては、自信もあり当日の出来も良かったので納得の点数でした。
しかし、造形表現に関する技術はぎりぎりながらも合格していたのは本当にうれしかったです。

★合格点の推測
●言語表現に関する技術
私の練習方法の⑥までができていれば合格できると思います。
●造形表現に関する技術
当日発表された課題の条件を全てクリアすれば、絵が多少下手でも合格できると思います。


IMG_9646.jpg
こうして、
国家戦略特区域限定潜在男性保育士
が誕生しました。
せっかく資格を取ったので、ICTと保育士の資格を生かしてできる何かを模索していきたいと思います。

それでは、保育士試験を目指しているみなさん、頑張ってください!

おしまい。



IMG_1752.png
ブログネーム:しみぺ
趣味はジムカーナ(モータースポーツ)、マラソン、スキー、カメラと基本的にはアウトドアマンです。
最近はキャンプにもハマりつつあります。
伊豆大島の大自然に魅せられてからは島旅にハマっています。
式根島で泳いでから、シュノーケリングにもハマっています。
会社の通勤圏内で自然が多く残っている場所に住みたいと思い、縁もゆかりもない守谷に引っ越してきて7年になりました。
会社内で唯一育児休暇をとった男性社員です。
家族は、妻と息子9歳、娘5歳、黒猫♂、白猫♀、トイプードル♀です。
趣味と勉強を兼ねて、保育士の資格をとりました。(正式には国家戦略特別区域限定保育士→3年後には通常の保育士)
ICTと保育士の資格を生かした仕事を模索中です。
関連記事
スポンサーサイト
ままもりWebsite
ブログ内検索
タグクラウド

プロフィール

ままもりスタッフ

Author:ままもりスタッフ
もりや子育てネットワークままもりのスタッフ(とオブザーバ)によるゆるーいブログ。茨城県守谷市中心の子育て家庭ネタです。ままもりは守谷市と近隣エリアで活動する子育て中のパパ&ママ達のボランティア団体です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。