スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立大卒イクメンパパ、働きながら保育士試験を合格!(筆記試験編)

こんにちは、しみぺです。

前回の準備編で保育士試験の概要を書きましたが、今回は筆記試験について書きます。

保育士試験挑戦1回目
●受験申込
まずは、受験の申し込みしなければなりません。
4月に入ってからすぐに受験の手引きを取り寄せてから安心していたら、いつの間にか申込み期日が1週間後に迫っていました。
あわてて書類の準備を始めたところ、大学の卒業証明書が必要なことが分かりました。
遠方の大学なので、郵送で請求をする必要があります。
大学のサイトを調べてみると、「申請到着後、約1週間で発送」とあります。
あれっ?間に合わない(゚(゚(゚(゚Д゚)!?
申請用紙郵送→(2日)→申請到着→(7日)→卒業証明書発送→(2日)=合計11日は余裕を見ておかなければなりませんでした(゚д゚)
大失態です。

もう、開き直ってダメもとで速達で申請書を送付し、速達用の返信用封筒を同封しました。
申請用紙速達→(1日)→申請到着→(3日で発行してくれたら嬉しいな)→卒業証明書発送(速達用の封筒を用意しました)→(1日)=合計5日(運が良ければ間に合う!)

すると、間に合いました!
保育士試験申し込み期限1日前に書類が全て揃いました。

実は、保育士資格を取得する際の第一の難関は、受験申し込みをすることでした。
受験の手引きを発行してから申し込み期限まで1ヶ月の期間が空いているのは資料をそろえる期間だったようです。

●試験勉強
さて、前回の準備編で、試験対策を③独学で勉強としましたが、学習用に書籍を買うことにしました。
本来ならば、テキストを購入して一から学習するのが良いと思うのですが、働きながら、育児をしながら、普段の生活を行いながら勉強の時間を作るとなると、そうそう時間が取れませんので、過去問をひたすら解いて試験の傾向を覚えつつ、間違ったところは解説で理解する方法を取ることにしました。

そこで、購入した書籍はこれです。

過去6年分の過去問と解説、重要な項目については補足が載っています。
IMG_9427.jpg
これをひたすら解くことにしました。

ただ、普段の生活をしながらいつを勉強の時間にさけるかと言うと、主に通勤時間になるため、ラッシュの中大きくて重たい過去問を開くのは困難なため、iPhoneのアプリも活用しました。
これらは、無料で利用できるうえ、過去5年分くらいの過去問が載っているため、通勤電車内で過去問を解くのに適しています。
ただし、解説は十分ではないので、分からなかった部分に関しては書籍の解説を確認するようにしました。
保育士国試500問
IMG_8431.jpg
保育士試験過去問
IMG_8432.jpg
保育士試験過去問題集
IMG_8434.jpg
(試験対策後半の記録が残ってます。教育原理と保育実習理論がヤバいですね(^^;)

私が実際に勉強を始めたのは、試験申し込みを終えた5月の連休後からでした。(遅い…)

年度初めは仕事(本業)が落ち着いているので勉強がはかどりましたが、6月になると仕事が忙しくなり、通勤時間は勉強時間から徐々に睡眠時間へとシフトしていってしまいました(^^;
結局、試験までに一応はさらっと全ての範囲の学習はしたものの(過去問は6年分を解くことはできませんでした)、深く理解するまでには至らず、感覚的に全体の4割程度の理解度のまま試験日を迎えることになってしまいました(^^;

当時の筆記試験実施時期は、夏真っ盛りの土日でした。
東京大学駒場キャンパスで受験をしました。

初めての受験だったため、2日間フル科目の受験は疲れました。
終わってみて、手ごたえとしては・・・試験前の理解度とほぼ同程度の5割くらいかな~というところでした(^^;;

帰宅して、回答速報にて自己採点した結果、合格した科目は
・保育原理
・子どもの保健
・社会的養護(ニコイチ)

のみ(汗)
他の科目はというと、
・教育原理(ニコイチ)
・児童家庭福祉
・社会福祉
・保育の心理学
・子どもの食と栄養
があと1問正解していれば合格という状況でした。
くやしーーーー!
広く浅く学習した結果、あと一歩のところで多くの科目を落とす結果となりました(笑)
しかも、見事にニコイチ科目を落としました。

こうして1年目の熱い夏が終わりました。

最初の保育士試験を終えてから数週間は、悔しさの余韻から見直しや復習をしていましたが、そのうち本業が忙しくなり試験勉強をしなくなってしまいました。
その当時、保育士試験は年1回開催だったため、1年後までモチベーションを維持するのが大変でした。
結局、2回目の試験に向けての試験勉強は、翌年4月の受験申込までやることなく過ぎていきました(笑)
今は年2回開催のため、半年後に次の試験がやってくるため。モチベーションの維持という点ではやりやすいと思います。

保育士試験挑戦2回目
1年目の一部免除科目があったので、2年目は大学の卒業証明書などが必要なく、スムーズに申込みが完了しました。

2年目の試験勉強は、4月の初めからスタートしました。
今回は、通勤時間のiPhoneアプリの他に、毎日早めに出社して始業前に30分程度書籍の過去問で学習しました。

6月になると仕事が忙しくなり、学習時間が削られてしまいましたが、8月の試験までに6年分の過去問は一応一通り行い、理解度は6割強くらいまで達することができました。

1回目の試験およびここまでの学習で、自分が苦手とする分野が見えてきました。
私が苦手とする科目は
・教育原理(ニコイチ)
・保育実習理論
です。

教育原理
私が特に苦手とした分野は、法律や法規、条例、歴史や人物です。

保育実習理論
保育実習理論には毎回2割強程度音楽の問題が出ます。
私は楽譜が読めませんので、1回目の試験では音楽の問題は捨てていました(笑)
2回目の試験対策でも、音楽の勉強を1から行う余裕がなかったため、音楽問題は捨てて、それ以外の問題にかけることにしました(笑)

こうして、
・教育原理(ニコイチ)
・保育実習理論
に不安を残しつつも2回目の熱い夏の戦いに挑みました。

そして、2回目の受験後、自己採点の結果・・・見事に
・教育原理(ニコイチ)
・保育実習理論

のみを落としました(笑)
しかも、保育実習理論は最後に見直しをした際に直した1問を直さなければ合格という状況でした(--;)
こうして、2年目の熱い夏も終わりました。

今までであれば、次の戦いは1年後になるのですが、この年は急遽地域限定保育士試験が10月(筆記)、12月(実技)に開催されることが決定しました。

地域限定保育士試験とは(全国保育士養成協議会のサイトから抜粋)
①地域限定保育士試験の合格者は、地域限定保育士として登録後、3年間は受験した自治体(特区区域内)のみで保育士として働くことができる資格が付与されます。
②地域限定保育士の登録を行ってから、3年を経過すれば、全国で「保育士」として働くことができます。
③通常の保育士試験で合格した科目については、地域限定保育士試験においても免除されます。また、地域限定保育士試験で合格した科目も、次回以降の保育士試験において免除できます。
※ 上記①~③以外の事項(受験資格や免除制度)については、基本的に通常の保育士試験と同じ取り扱いとなります。「平成27年保育士試験受験の手引き」にて確認してください。

勝手に簡単に解釈すると、要は保育士不足を補うために、国家戦略特区において保育士試験の回数を増やすことによって、国家戦略特区で働くことのできる「地域限定保育士」を世に送ろうということになります。
「地域限定」とついているので、通常の保育士の下位資格に思ってしまうかもしれませんが、試験の難易度は変わらず、資格も通常の保育士と同じ資格となります、
異なる点は、保育士登録をしてから3年間だけ、当該地域のみでしか保育業務に従事することができないという点です。
ただし。保育士登録をしておけば、保育業務に従事していなくとも、3年間経過すれば通常の全国区の保育士資格になります。

試験に関しては、通常の保育士試験の一部免除科目はそのまま適用されますし、地域限定保育士試験で合格した科目は翌年の通常の保育士試験の一部免除科目に適用されます。
当該地域で保育士として働きたい人や合格科目を増やしておきたい人(←この試験の趣旨から外れてしまいますが・・・)にとっては、モチベーションを保ったまますぐに受験ができるのでうれしい発表だったと思います。

私はというと、すぐに保育士として働くために資格を取るわけではなかったので、モチベーションを保ったまま受験ができる良いチャンスになりました。
こうして、3回目の挑戦は2年目の秋となりました。

残りはあと3科目です。(ニコイチ科目を落としてしまったので、合格点を取った社会的養護も再受験となります。)
ここまで来たらきっちりと残り3科目の合格を取りたいので、テキストを購入しました。
IMG_9428.jpg

写真のテキストにて、
・教育原理
・社会的養護
・保育実習理論
をきっちり学習しました。
特に、保育実習理論に関しては、楽譜が全く読めない状態から読めるようになりました!!(笑)

保育士試験挑戦3回目
そして、2015年10月。
地域限定保育士試験(成田市)にて、残り3科目の受験をし、無事合格しました。
1年半越し、3度目の正直で、晴れて一次試験突破です!!

ここまで学習してきて、時間に制限がある中で自分なりに効果的だと思われる学習方法は下記になります。

①過去問をひたすら解く。
②過去問で分からない箇所があれば解説を読む。
③この時点で、自分の不得意な分野を把握し、不得意分野に関してはテキストで学習をする。

この方法が一番時間をかけずに合格に近づく方法かなと思いました。
もちろん、テキストを読んで最初からきっちりと理解する方が理想だと思いますが。

実技試験編に続く。



IMG_1752.png
ブログネーム:しみぺ
趣味はジムカーナ(モータースポーツ)、マラソン、スキー、カメラと基本的にはアウトドアマンです。
最近はキャンプにもハマりつつあります。
伊豆大島の大自然に魅せられてからは島旅にハマっています。
式根島で泳いでから、シュノーケリングにもハマっています。
会社の通勤圏内で自然が多く残っている場所に住みたいと思い、縁もゆかりもない守谷に引っ越してきて7年になりました。
会社内で唯一育児休暇をとった男性社員です。
家族は、妻と息子9歳、娘5歳、黒猫♂、白猫♀、トイプードル♀です。
趣味と勉強を兼ねて、保育士の資格をとりました。(正式には国家戦略特別区域限定保育士→3年後には通常の保育士)
ICTと保育士の資格を生かした仕事を模索中です。
関連記事
スポンサーサイト
ままもりWebsite
ブログ内検索
タグクラウド

プロフィール

ままもりスタッフ

Author:ままもりスタッフ
もりや子育てネットワークままもりのスタッフ(とオブザーバ)によるゆるーいブログ。茨城県守谷市中心の子育て家庭ネタです。ままもりは守谷市と近隣エリアで活動する子育て中のパパ&ママ達のボランティア団体です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。