アウトドアで楽しく学ぶ防災ワークショップ

アウトドア(キャンプ)は最低限のもので生き抜くサバイバルテクニックでもあります。

今日は防災士であり管理栄養士でもあり、登山家?でもあるままもりスタッフ平山さんを中心に
アウトドアで楽しく学ぼう防災ワークショップを開催しました。

ポイント
⇒キャンプは最小限のもので、生きていくというテクニックの原点でもあるということ
⇒楽しいということ
⇒共同作業を通してコミュニケーションが育まれるということ

プログラム内容
・火おこし、枝拾い
・食材をパック、焼き芋準備
・パッククッキング
・直火で作るバームクーヘン
・新聞紙を使った防災グッズづくり(防災スリッパ)

先日のお隣町、常総市の大水害があったので、みんな防災意識は高めです。

水道やガス、電気が停止した時に、どうやって家族の食事を準備したらよいでしょう?
今回は直火も起こしましたが、ガスコンロも外に持ち出し使用しました。
⇒ガスコンロはとっても便利なので一家に一台おすすめします。これから鍋の季節だしね(笑)。

まずは直火を起こします。今回はパパさんが参加してくださたので、パパさんを中心に火を起こしました。
DSC_0542.jpg



DSC_0556.jpg
枝ひろいのお手伝い



DSC_0552.jpg
お料理のお手伝い



DSC_0583.jpg
試食してみます。カレー、ハンバーグ、野菜蒸し、焼きりんご、シャケ、どれも美味しくできました!!




DSC_0620.jpg
そしてボーイスカウト経験豊富なパパのアイディアでおやつはバームクーヘン!



DSC_0623.jpg
防災士の平山さんとバームクーヘン(笑)


【参加者の感想】
・カセットコンロをこの機会に購入したいと思いました。
・火遊びは駄目だけど、キャンプなどを通して火おこしの仕方が学べてよかったです。
・新聞紙でエコバックやスリッパが作れたのには驚きでした。エコバックは普段から利用したいです。
関連記事
スポンサーサイト
ままもりWebsite
ブログ内検索
タグクラウド

プロフィール

ままもりスタッフ

Author:ままもりスタッフ
もりや子育てネットワークままもりのスタッフ(とオブザーバ)によるゆるーいブログ。茨城県守谷市中心の子育て家庭ネタです。ままもりは守谷市と近隣エリアで活動する子育て中のパパ&ママ達のボランティア団体です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
管理画面