子どものスキー In 蓼科その2

こんにちは。かよっぺです。

毎年恒例のお正月スキーに子供達といってきました。 パート2です。
パート1(車山スキー場)はこちら。

●2日目

白樺ロイヤルヒルスキー場

※守谷から自動車で3時間半ほど、チェーン必須



未就学児(★)
小学生(★)


P1010442.jpg  P1010428.jpg
【キッズゲレンデ】
キッズ専用のゲレンデはあるにはあるが、本当に狭いので、キッズ専用ゲレンデと呼べるほどかは?
子どもと一緒に座って乗れるリフトがあり、そこは利用すれば初心者の練習はできますが、、、ただ、スタッフの対応はしっかりサポートしてくれて、安心できました。

【休憩所】
レストランで頼まない人は休憩しないで、、、的な事を言われ、今時子連れファミリーに力を入れているスキー業界では珍しいなぁ~と思いました。 おつまみ的なものを頼み、そこですごしたのですが、遊ぶスペースもなくて子どもが飽きてしまいました。

【コスト】
大人1人につき、小学生以下の子どもが2名無料になるという、子沢山には魅力的な料金システムに惹かれて いきました。ホテルにある2割引き券を使ったので、大人8000円が6400円になり、子ども達は無料なので、 確かに安く済みはしたものの、、、未就学児の子連れスキー場としては満足度は???でした。

また、ここのスキー場は滑走器具がないとリフトにのれません。昨日滑った車山は滑走器具なしでリフトにのれたので、3歳の4男君はママとリフトにのって、抱っこして滑ってこれたのですが、、、
でも、今日もリフトに乗って滑りたいというので、、17cmサイズのかわいいスキーブーツと板を急遽レンタルして、抱えてすべりしました。4男君、スキーブーツと板は初挑戦でしたが、とても満足してくれたので借りてよかったです。※ただ、ママの腕はパンパン・・・
⇒未就学児や3歳以下等であれば、リフト券はなくてもOKなスキー場が多くありますが、滑走器具がないと乗れないスキー場もあります。もし、抱えて滑って楽しみたい方は、滑走器具なしでもリフトに乗れるかを事前に確認するか、安いプラスチックの靴(パンダスキー)板を持参するといいと思います。

せっかくリフト券はタダでも、レンタル代で高くつくことが・・・ありますので。

キッズゲレンデの拡張、休憩所の完備等がされたら、またいくかも知れませんが、今の設備のままですと、残念ですが、白樺ロイヤルヒルには、子どもが小さい間は、いく事はないかなぁ~。


関連記事
スポンサーサイト
ままもりWebsite
ブログ内検索
タグクラウド

プロフィール

ままもりスタッフ

Author:ままもりスタッフ
もりや子育てネットワークままもりのスタッフ(とオブザーバ)によるゆるーいブログ。茨城県守谷市中心の子育て家庭ネタです。ままもりは守谷市と近隣エリアで活動する子育て中のパパ&ママ達のボランティア団体です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
管理画面