スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城県内に手足口病の流行警報!(みずぼうそうも?)

こんにちはめぐまろです。
すっかり夏ですねー。うちのムスメが通う保育所は先週は夏まつり、そして今日はプール開きということで、いろいろ準備やら用意やらテンテコマイな毎日です。(いつもテンパってますが)

ところでところで、先週7月19日に茨城県から手足口病の流行警報が発令されました。ご存知ですか?

スクリーンショット 2013-07-26

茨城県庁のwebサイトによると
2013年7月 プレスリリース>手足口病の流行警報発令について【保健予防課】(茨城県庁)
http://www.pref.ibaraki.jp/news/2013_07/20130719_01/index.html
『毎年、夏に流行する子供の感染症である手足口病の患者報告数が6週連続で増加しています。感染症発生動向調査において、県内の定点当たりの報告数は、27週3.25人/週から3.52増加し、28週(7月8日から14日)6.77人/週(全国 7.07)となりました。警報発令基準である5を越えたため、本日、県内に手足口病流行警報を発令しました。警報発令は平成15年29週(6.00)以来で、大きな流行となっています。
手足口病の患者の9割以上が6歳以下の小児で、そのうち約半数が1歳以下です。
県民の皆様には、手洗いや、乳幼児のおむつ等の適切な処理など、感染予防の徹底をお願いいたします。』

とのことです。

どうやらしばらく子育て支援センター等に出かけるのは控えたほうがよさそうですが、守谷市役所のwebサイトにも子育て支援センターにも何も情報載っていないですねぇ。(-_-) ※7/26現在
以前住んでいた市では伝染病の警報が出ると感染拡大防止のため子育て支援施設等は即閉鎖だったりするのですが、守谷市のんびりすぎではー。

ま、でも、実はこの時期、手足口病に限らずいろいろ流行るんですよ伝染する病気。(笑)

th_2013-07-22.jpg

↑↑↑うちのムスメが通うD保育所では先週まで小さいクラスで水疱瘡が大流行していました。

ま、水疱瘡だけでなく2歳3歳クラスは容赦なく次から次へといろんな伝染病にかかります。なので、保育園にあずけて働いているパパママは、うちの子供がもらってくる(保育園から呼び出しが来る)その日のために、有休のご利用は計画的に!ですよ。そして、こういう時のためにどうやりくりするか事前に家族で相談しておくことが大切ですね(^^)。ちなみに、うちのムスメの場合は2-3歳児クラスであらかた伝染病もらった(笑)後、4歳児クラス(年中)からは風邪以外はほとんどないです。成長するといろいろ手間がかからなくなっていくものですね。

そうそう。手足口病は症状が治まれば登園OKのようですが、水疱瘡は法定伝染病で医者の許可が必要です。まぁどちらの場合も小児科専門医等で診断を受けてOKをもらってから登園がよさそうです。うちのムスメの時は足の裏にできた小さい水ぶくれ1つのためにいつまでも登園できず、主人と交代で2週間も保育所休んだのですが、こればっかりはお約束なので仕方ないですね。涙
かかりつけの小児科専門医の先生によれば足の裏などの硬い皮膚にできた水疱はなかなか治りづらいそうです。

守谷市で小児科専門医のいる病院・クリニックはこちらです。

守谷第一病院 [ホームページ]
もりや小児科医院 [ホームページ] [オンライン予約]
しばたキッズクリニック [ホームページ] [オンライン予約]
寺本こども赤ちゃんクリニック [ホームページ] [オンライン予約]

オンライン予約は大変便利ですよ。
長い時間待合室で待っている間に他の病気をもらったりしますからねぇ。(^^;)

[参考リンク]
・ Benesse 子育てインフォ>病気と予防アドバイス感染症>手足口病
http://www.shimajiro.co.jp/kosodate/clinic/disease/01/post-67.html

・ 学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説(日本小児科学会)
http://www.jpeds.or.jp/saisin/saisin_1101181.pdf [PDFファイル]
伝染病ごとの登園禁止期間など。

・日本小児科学会(小児科専門医)
http://www.jpeds.or.jp/senmon-meibo-j.html
あまり知られていませんが、小児科病院に小児科専門医がいるとは限らないんですよね。



4-84067.png
ブログネーム:めぐまろ
守谷市に住むアラフォーの働くママです。家族は旦那とムスメ5歳です。
仕事の都合であちらこちらを引越しを繰り返し守谷市へ5年前に定住しました。
IT系ですが現在は衛生管理者の仕事をしています。
ママがバリバリ働きながらでも子育てをしやすい街づくりに興味があります。
ムスメは市内の保育園に通っていますので保育園に関する質問など、よかったらどうぞー。
関連記事

レゴランド・ディスカバリー・センター東京(お台場)へ行って来ました。

こんにちはめぐまろです。GW前半のアサヒビール工場に続き後半はちょーっと遠出して、昨年6月にお台場にできた レゴランド・ディスカバリー・センター東京(以下、LDC) へ行って来ました。

20130506レゴランド_130505_014

LDCはお台場にある子供たちが大好きなレゴブロックがいっぱいの屋内型テーマパークです。
小さな子供むけのプレイグラウンドをはじめ、家族で楽しく遊べるさまざまなアトラクション、レゴ好きな大人も楽しめるらしく、期待大です。

守谷からお台場に行くには秋葉原から新橋経由でゆりかもめか、新木場経由で東京臨海高速鉄道りんかい線を使いますが、どちらも乗り換え2回で時間的にもだいたい同じなので、今回はゆりかもめを選択しました。
ゆりかもめは自動運転なので運転手がいません。ムスメは最初、運転手がいない事に驚いた様子でしたが、他の子供たちと一緒にはりついてました。いい天気だったのでとても景色がよかったです。

20130506レゴランド_130505_002

新橋駅から20分位でお台場海浜公園駅に到着。LDCはすぐ近くのデックス東京ビーチの3階にあります。

今日はGW5月5日。入場制限で入口にヒトがたくさん並んでいるのをみてかなりゲンナリだったのですが、パルシステムさんから事前予約券を購入していたので、予約チケット入場口から待たずに入れました。(・∀・)
そうそう。毎月5日はレゴの日だそうですよ。

20130506レゴランド_130505_00520130506レゴランド_130505_017

パークに入るとさっそくレゴキャラがお出迎え!本当にレゴで出来てますよ。すごいすごい。
ムスメはさっそくタブレットでレゴを並べるゲームを始めました。

20130506レゴランド_130505_00420130506レゴランド_130505_006

次の部屋はキングダムクエスト。のりものに乗って敵を鉄砲(レーザーガン)で撃ち落とすシューティングアトラクションで、6人乗りなので家族3人で挑戦。少し並びました。ムスメはなぜかモンスターが投げる石を壊すことに夢中。親も本気で打ちまくっていたので、けっこう指がつかれました。連射機能ほしい...。(写真撮影はNGでした)

次はミニランド。東京のジオラマがレゴブロックで作られています。完成度高いなー見入ってしまいました。

20130506レゴランド_130505_011

次の部屋はすべり台やジャングルジムのような立体物など、子どもが安全に遊べる遊具もそろっているファイヤーアカデミー。子供たちみんな夢中で遊んでいました。目の前にカフェテリアがあるので、子供の様子を眺めつつ、親は一休み。

カフェで一休みしていると「4Dシネマは面白かったよー」という声が聞こえてきたので、行くことに。上映時間は30分位でストーリーはみんなで力を合わせて困難に立ち向かうお話。とてもアメリカ的。笑
3Dメガネをつけるのですが、ムスメは浮かび上がる画像をつかもうと、座席から乗り出してねこパンチして喜んでいました。このシネマは"4D"ということで、3Dにプラス映像にあわせて風が吹いたり水しぶきが飛んできます。なかなかすごいです。スターツアーズ並にびしょぬれになるので頭にタオルをかぶって参加するのがいいかも。笑

その後はLDCのスタッフといっしょにおもしろ作品をつくるマスター・ビルダー・ワークショップに参加しました。予約は当日ワークショップ部屋の前でできます。はじめての今回は犬を作るワークショップを予約しました。犬の他にこいのぼりときょうりゅうを作る回もありましたよ。ワークショップの表示ももちろんレゴ↓↓↓

20130506レゴランド_130505_01320130506レゴランド_130505_007

ワークショップはじまりました〜。最初に部品を袋からだして全部パーツがあるか数えて、、、そうそう大切ですよね。

20130506レゴランド_130505_015

それから作り始める前にレゴのお話を聞きました。いちばんよくみる8つ凸がある基本パーツは"8ポッチのレゴ"というらしいです。(へー)
でも正しい名称は表の凸をスタッド、裏の凹をチューブと言うらしいです。(へー)
でも、特に決まりがあるわけでないので、子供にわかりやすいポッチでもいいそうです。(へー)

そうそう、日本ではレゴブロックといいますが、英語ではレゴブリック(Lego bricks)というそうですよ。(へー)

英語版Wikipedia のLegoの説明 http://en.wikipedia.org/wiki/LEGO

ウンチク話はさておき、こんなカンジで赤い首輪のレゴわんこができました。かわいい。これムスメがひとりで作りました。

20130506レゴランド_130505_016

ワークショップが終わった後は、レゴフレンズのエリアでまったりレゴで遊びました。うちにもあるので、わざわざここでレゴで遊ばなくても…とハハは思ったのですが、ムスメは船を私は家を作ってけっこう集中して遊んでしまいました。ちなみにムスメはレゴフレンズ4人の中で茶色い髪のオリビアが好きだそうです。

レゴフレンズ http://friends.lego.com/ja-jp/

20130506レゴランド_130505_01020130506レゴランド_130505_009

その他のゾーンではクルマを自由に作ったり、走らせたりできるビルド&テストゾーンが大混雑でしたね。男の子たちが夢中になって遊んでいました。

帰りにショップをちょっと覗きました。ショップでは限定レゴなどを買うことができますが、今回は記念にレゴ限定プリクラをとりました。(^^)

...ということで、LDCの対象年令は3歳〜10歳とのことですが、うちのムスメ5歳は大喜びでしたね。半日位(勝手に)遊んでそうです。
↓↓↓このバイクももちろんレゴでできています。

20130506レゴランド_130505_01220130506レゴランド_130505_008

レゴランド・ディスカバリー・センター東京
http://www.legolanddiscoverycenter.jp/tokyo/
2歳以下は無料ですが3歳以上大人まで同一料金。(割引)前売り券がオススメです。

場所 デックス東京ビーチ(お台場)
ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅 徒歩2分 もしくは りんかい線「東京テレポート」駅 徒歩5分

守谷からだとクルマで高速道を使うと(混まなければ)近いですね。我が家では早くムスメにひとりで公共交通機関を使えるようになってほしいので電車を使う事が多いです。(親も心置きなくアルコール飲めますしね。笑)


より大きな地図で 0104-中央区・お台場周辺 を表示


4-84067.png
ブログネーム:めぐまろ
守谷市に住むアラフォーの働くママです。家族は旦那とムスメ5歳です。
仕事の都合であちらこちらを引越しを繰り返し守谷市へ4年前に定住しました。
IT系ですが現在は衛生管理者の仕事をしています。
ママがバリバリ働きながらでも子育てをしやすい街づくりに興味があります。
ムスメは市内の保育園に通っていますので保育園に関する質問など、よかったらどうぞー。

関連記事

GW前半はアサヒビール茨城工場の親子イベントへ

こんにちは。スタッフのめぐまろです。
ゴールデンウィークですね。みなさま、いかがお過ごしですか?
我が家ではGW前半に守谷市郊外にあるアサヒビール茨城工場へ行って来ました。

th_P1050765.jpg

守谷駅東口から送迎バスに乗って工場へ..."東口"なのに"西口"で待ってました。あぶないあぶない。

th_2013-04-27-33.jpgth_2013-04-27-37.jpg

西松屋-黒内小学校-市役所をこえて、10分位で工場に到着。まず、ゲストハウスで受付をします。そうそう、見学中1時間位トイレに行けないので必ず行っておきましょうね。そのあと記念撮影などしながら待ちました。工場ユニフォームとヘルメットを借りられます。

th_P1050766.jpgth_P1050770.jpg

今回参加したイベントはアサヒクイズツアーというGW限定親子イベントで、親子でクロスワードパズルを解きながらキーワードを集めると最後に素敵なプレゼントがもらえるかも?というワクワク企画です。

th_2013-04-30.jpg

まず、映画館のようなオリエンテーションシアターで、ビールや工場のお話と環境への取り組みのお話の映画をみました。

th_P1050781.jpg

映画が終わるとスクリーンが下がって素敵なオープン庭園が見えます。おーすごいすごい。
さっそく映画の中から第一問がありました。気が抜けないイベントです。笑

th_P1050782.jpgth_P1050783.jpg

その後、ガイドさんの後に続いて長いエスカレーターをのぼって、地上30mのスカイロードから見学します。
th_P1050785.jpg

このあと工場の中をぐるりと見学します。
守谷市にあるアサヒビール茨城工場の敷地は東京ドーム9個分。結構歩きますが、空調が効いていて快適です。
窓からみえたビールタンクひとつが500キロリットル、高さ20m直径8mこれが150本あるそうです。

th_P1050797.jpg

原料展示コーナー。ビールの原料は二条大麦とホップで大麦は試食できます。意外にも結構オイシイ。ホップは匂いだけ、干し草の匂いですね。ふわふわで カワ(・∀・)イイ!!。
th_P1050786.jpgth_P1050787.jpg

さて、工場内はここから写真撮影はNGらしく、ここでカメラをしまいます。ここでガイドのお姉さんからちびっ子たちに質問。「ビールは何色ですか?わかる友達はー」と聞かれて、うちのムスメが「はーい。ビールは黄色と白です(・∀・) /」…ガイドさんに「正解!」とほめられて大喜びでした。白(泡)まで答えるとは…(汗)

この後も工場内をビールについていろいろ教わりながら、見学しました。
大きなタンクをみたり、オートメーション化した瓶詰め缶詰の様子があまりにも早くてめがまわりそうでした。

最後に環境への取り組みの説明を聞きました。
こちらの工場の内では50種類も分別BOXに仕分けされて、ゴミ再資源化100%なんだそうです。スゴイですね。(ガイドさんはゴミではなく副産物?と言っていました。そしてクイズにでましたよ。)
th_P1050779.jpgth_2013-05-02.jpg

見学はこれでオシマイ。次は子供も大人もお楽しみの試飲タイムです。

試飲会場へ向かうエレベーターを待っている間にビールを注ぐ効果音が流していて、気分が盛り上がります。到着した地上60mの試飲会場(アイムタワー)は見晴らしがよく、筑波山はもちろんのこと、遠くにうっすら東京スカイツリーが見えましたよ。そういえば、以前、ここからスカイツリーが見えるって鉄腕ダッシュで紹介されてました。

th_P1050788.jpgth_P1050800-1.jpg

試飲会場ではお子様にはジュース類お茶類、アルコールが飲めない方用にノンアルコールビールも用意されています。それとお茶菓子(おつまみ)をいただけました。

ちなみに、今回ビールは4種類の中から3杯でした。スーパードライとエクストラコールドのドライと黒ドライと期間限定のベルギービール、4種類で3杯…悩みますが、試飲時間は20分なので悩んでいる時間はありません。もちろん自分の体調と相談して無理せず楽しく飲みましょうね。笑

なお、こちらで試飲させていただいたビールですが、本当にすごく美味しかったです。\(^o^)/

th_P1050794.jpgth_P1050791.jpg

なお、アサヒクイズツアーのクロスワードパズルを解いて、ガイドさんのところへ正解の"鍵"を持って行くと、さらにくじびきでお菓子がもらえました。

そんなこんなで試飲を楽しんでいると、ガイドさんから「なにか質問はありませんか?(^^)」と聞かれたので、「(ガイド中に聞いた)ビールの味を確認するお仕事にはどうしたらつけるんでしょう?(^∀^)」とオトナゲなく聞いてみました。

ガイドさんによれば、ビールが出来るまでの様々な段階で実際にヒトの五感を使って品質の検査するこのお仕事は「官能パネリスト」というスペシャリストだそうで厳格な社内テストで選ばれた"特別な方々"だそうです。(ほほー)

ちなみに茨城工場(約700名)の中にはこのパネリストさんが10数名がいらっしゃっるそうです。空腹時に検査をして、その時間は他の本来業務についているそうですよ。なるほど、一日中ビールを飲んでいるわけではないんですね。(^^;)

さて、楽しかった試飲タイムが終わり、最後に1階のギフトショップで工場限定のおみやげを買って送迎バスで守谷駅へ。その後は酔いを覚ましつつ歩いて家まで帰りました。とっても楽しかったですよ。

th_2013-05-01.jpg

工場見学の申し込みはこちらから。
アサヒビール工場茨城工場(守谷市) 工場見学
http://www.asahibeer.co.jp/brewery/ibaraki/tour.html

工場見学はコースがいろいろあるので何度でも遊びに行けますね。
※試飲後は自動車、バイク、自転車の運転は厳禁なので送迎バスを利用しましょう。

さきほどの官能パネリストさんの記事をネットでみつけました。

アサヒビール株式会社—最新技術と人間の感覚で品質保持 (大阪大学)
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/snapshots/visit_company/201212_asahi_beer

西宮で出会える素敵な人たち (西宮流)
http://nishinomiya-style.jp/who/0809matsumoto/



より大きな地図で アサヒビール茨城工場 を表示

[場所] アサヒビール茨城工場 〒302-0106 茨城県守谷市緑一丁目1-1


[関連ままもりblog]
2013-04-03 アサヒワンビールクラブ様よりままもりへご寄付をいただきました!
2012-04-30 守谷で安近短、大人も子どもにっこりお出かけ♪アサヒビール工場見学いってきました!


4-84067.png
ブログネーム:めぐまろ
守谷市に住むアラフォーの働くママです。家族は旦那とムスメ5歳です。
仕事の都合であちらこちらを引越しを繰り返し守谷市へ3年前に定住しました。
IT系ですが現在は衛生管理者の仕事をしています。
ママがバリバリ働きながらでも子育てをしやすい街づくりに興味があります。
ムスメは市内の保育園に通っていますので保育園に関する質問など、よかったらどうぞー。
関連記事
ままもりWebsite
ブログ内検索
タグクラウド

プロフィール

ままもりスタッフ

Author:ままもりスタッフ
もりや子育てネットワークままもりのスタッフ(とオブザーバ)によるゆるーいブログ。茨城県守谷市中心の子育て家庭ネタです。ままもりは守谷市と近隣エリアで活動する子育て中のパパ&ママ達のボランティア団体です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。